記憶の宮殿なんて脳内に持てないから、外部に記憶。


by sakanapo

浦沢直樹・手塚治虫「PLUTO」

PLUTO (3) ビッグコミック
浦沢 直樹 手塚 治虫 手塚 真 / 小学館
ISBN : 4091802370



完結してから読めばよかったかな~
MONSTERもリアルタイムで集めてたけど、1巻ずつ読んでると
ストーリーの流れとか全体像を思い出すのに苦労して、
いまいち乗り切れない感じだったんだけど
それをちょっと思い出した。

原作は知らないので比較とかそういうのはできないんですが
浦沢っぽいな、と思うのはロボット刑事ゲジヒトの存在。
人間とロボットという違いはあるにせよ、人格・記憶を外部から
造られる・改竄されるという点でMONSTERでいう
511キンダーハイム的なテーマを背負っていそうな。

アトム君はメモリーチップを交換したときにゲジヒトの秘密に
気づいてしまったのかな。だとしたらなぜそれを黙っているんだろう?
[PR]
by sakanapo | 2006-09-19 14:50 | 読書日記