記憶の宮殿なんて脳内に持てないから、外部に記憶。


by sakanapo

イグ・ノーベル賞と最もハトに近い人間

お笑いノーベル賞といった感のあるイグ・ノーベル賞。
今年の受賞も相変わらず面白い研究ばかりだ。

・乾燥スパゲティを曲げると、しばしば2つ以上の部分に折れてしまうのはなぜか
・グループ写真を撮る際、目を閉じた人が1人もいない写真を撮るためには、何枚撮影する必要があるか
・直腸刺激でしゃっくりを止める方法…etc.

ちょ、直腸をどのように刺激すればいいのですか!
舌の裏に水を含んで飲み込んだり、豆腐が何からできてるか考えたり
驚かしてもらうより確実なんだろうね?と問いただしたくなる。

日本人も結構受賞しているようですが、カラオケ発明者とかバウリンガル、たまごっちなどエンターテインメント方面での受賞が目立ち、上記のようなアホ研究は少ない。
(ちなみに昨年はドクター中松が受賞している)
その中で「ハトの絵画弁別功績」(ハトを訓練してピカソとモネの絵を区別できるように
した)で受賞していた研究者がいて、ふと思い出したことが。
ハトって視覚情報の処理能力すごいんですよ?

学生時代、心理学科で実験の被験者を募集してる、文部省(当時)から
補助がでる研究なのでバイト代が出るよ、とゼミの先生に紹介されて
参加しました。
当日、担当の院生さんから話を聞くと、実験の内容は

「ハトにできることが人間にも学習できるかどうか」 でした。

具体的には これに似たような画像がPCの画面にどんどん出てくるので
左の図形と右の図形が同じものかどうか、を可能な限り早く判断して
同じならyes、違うならnoに対応したキーを押すというものです。
f0041673_9551048.gif

この場合は「yes」です。
(実際には文字ではなく横・縦の棒が組み合わされた単なる図形で
 右の画像の傾き度合いもさまざまです)

ポイントは、右の図形が傾いていること。
普通にこれをやらせると、普通の人は脳内で右の図形の傾きを修正して
左の図形と照合し、同じかどうかを判断します。
だから、傾きの角度が大きいほど脳内での作業に時間がかかり、
判断までの時間が長くなる。
傾きをX軸、かかる時間をy軸にとると右上がりのグラフになります。

ところが、ハトにこの訓練を施し(正解したら給餌、で訓練するそうです)
判断までの時間を計測すると、傾きの角度に関わらずほぼ一定。
つまり、判断の方法が人間と違うのです。
ハトが傾いた図形とまっすぐな図形が同じかどうか判断する方法は
ある程度解明されたのですが、実験のキモはここからで、それを人間が
学習によって習得できるかどうか?を実際に行います。

判断の仕方は、言葉では説明が難しいのですが…。図形をそのまま
見るのではなく、縦棒と横棒が接している特徴的な部分の明暗配置を
一定のパターンとして認識します。空白部分も含めて形を覚えて
おくという感じかなぁ。
そして、傾いた画像は脳内で傾きを補正せず、左にあった明暗配置の
パターンが右にも存在するか、で判断します。ちょっと時間はかかりますが、
数百回やるとなんとなく感じがつかめてきます。
そして計測時間も、ちゃんと傾きによらずだいたい一定になって
くるのですよ!しかも傾きを補正するより早い。

大体できるようになったら、最終試験。100問連続正解が条件です。
1問ごとに一定の時間内で、左右の図形が同じかどうかを判断します。
1問でも規定の時間を越えたらやりなおし(2秒くらい)、1問でもミスしたら
やりなおしで、とにかく連続100問正解できるまでやりなおし。
さすがに金が出るだけあってこれがきつい。
だが、クリアまでにかかる時間が少なければ少ないほど報酬はアップ!

この訓練、かなり習得までに時間がかかり、個人差もあるようで、
通常2~3日かけて実験を行うことになっていました。
ところが、比例報酬に興奮したのかなぜか私は習得が異常に早く
1日ですべて実験を終わらせてしまいました。
実は報酬振込みのために印鑑が必要なんですが、通常2日目に持って行く
ことになっていたので当然持っておらず、次の日また来るのが面倒だったので
近くの文房具屋でハンコ買って押して帰りました。
院生さんによれば最短記録だそうで、報酬は2万ちょっと。

後で同じく実験に参加した知人に聞くと、やはり2日間かかった人が多く、
最長は5日間でした。彼の報酬は2000円台だったと記憶しています。

儲かったぜ!と優越感に浸ったものの、それって「最もハトに近い人間」
という称号をもらったってことだよな?と思うと微妙でもありますが
自分がした中で一番割りのいいバイトだったのでいい思い出です。

ただ今にして思うと、傾き脳内補正のやり方で数百回試行を繰り返しても
慣れによる計測時間の一定化、という傾向が認められないという
対比母集団がないと意味がない実験ですね。まぁそれは別の機会に
既に実証されていたのかもしれませんが。

とにかくハトすげーんだよハト。
[PR]
by sakanapo | 2006-10-23 10:00 | 時事