記憶の宮殿なんて脳内に持てないから、外部に記憶。


by sakanapo

宮部みゆき「我らが隣人の犯罪」

我らが隣人の犯罪
宮部 みゆき / 文藝春秋
スコア選択: ★★



宮部みゆきってどうもイマイチ好きになれないなと思ってたんだけど
よく考えたら作品は「平成お徒歩日記」「本所深川ふしぎ草子」
しか読んだ事なかったり。この2作品は普通に面白かったので
なんでマイナスイメージが?と思って元をたぐると
過去紹介した北村薫編のアンソロジーの巻末で毎回対談をしてるのが
宮部みゆきで、いくつかのコメントが気に食わなかったのが
悪印象の原因だった。

で、たこさんが九州旅行に行った時にこれを買ったそうなので
読ませてもらったんだけど。
やっぱ対談と似たようなところでひっかかるw
何かって言うと、やたら女のマイナス面を誇張した表現。
男の口を借りて「女は口が軽い」だの言わせる部分がやたら多くて
うざったいことこの上ない。「あたし女だけど女のイヤなとこ
赤裸々に書いちゃうわよーん。どう、リアルでしょー」的な
意図を感じて嫌なのだ。
妻がヒステリー起こして卵パックを壁に投げるという表現を
北村薫は褒めてたけど、切羽詰った時ほどそんなことやらねーよw

話の本筋としてはよくできてるし面白いと思う。「サボテンの花」
なんて泣かせも入ってるし。でも端々にひっかかるものがあって
どうにも入り込めない部分がなー。
で、そんなくだらないことにひっかかって楽しめない自分も自分で
嫌だ。なんでこんなに気になるんだろ?

あ、ちなみに過去に読んだ2作品については特に気になるところは
なかったように思う。本所深川~の片葉の葦の話は好きだったし。

ヒステリーって実在するの?度★☆☆☆☆
[PR]
by sakanapo | 2006-01-31 20:08 | 読書日記