記憶の宮殿なんて脳内に持てないから、外部に記憶。


by sakanapo

ハゲタカ第5話「ホワイトナイト」 / シグルイ「秘剣伝授」

ハゲタカ:

・にしのおさむB型→鷲津→芝野→大木(または正義とかそういう抽象的なもの)的な一方通行ドラマなんですかね、これ?

・ホライズン内部の人間模様が興味深かった。
鷲津のアメリカ上司はクラリスっていうのか。おのおじちゃん。社長に任命されたアランはキョドってるし。鷲津も年上の社員には敬語だったりするんだよね。

・崩壊寸前→崩壊後の鷲津はとんでもなくエロス。なんつーか、中の人は別に二枚目でもなんでもないのに何でこんなにかっこいいんでしょうね?タレ目で輪郭も丸いタヌキ顔の人なのに、眉間にシワ寄せて苦味走った顔作ってるのがいいのかなぁ。

・おさむB型は別に鷲津を殺すつもりで来たわけじゃなかったんだね。なんとなく追いかけて来てみたら、たまたまカバンの底にあった銃をたまたま見つけて、たまたま手にとってみちゃった感じ?いやー無理あるけど。しかし、目が一重なのに叫んだ瞬間二重になってた。


シグルイ:

・伊良子と夫婦になれるという三重の幸福感が伝わってこないなぁ。
 雛を折るシーンなんてその象徴のようなものなのに。
 後々の伏線にもなってるんで、ちゃんと演出してほしい。
 門松のシーンはそこそこだったけどね。

・伊良子誕生シーンはどこのホラー映画かと思うグロさ。

・「よう見えおるわ、いくはわしの道具ゆえのう」の乳首すっとばしシーンは
 なかなかよく表現されてたかと。来週はいよいよ全女性視聴者を震撼せしめる
 「プギュ」ですね。全男性視聴者を震撼せしめる「ジュウウ」もありますが。

・藤木、仏像の首をすっとばすキャラではないような気がする。

・ラストの雪だるま、涙流しすぎじゃないでしょうか?
[PR]
by sakanapo | 2007-08-24 00:29 | 映像・観劇