記憶の宮殿なんて脳内に持てないから、外部に記憶。


by sakanapo

風林火山第36回「宿命の女」

好きな登場人物がいても途中退場が避けられないのが大河の習い。

小山田、落つ。が今回のテーマかと思いきや、姫パートも結構なボリューム
を占めていました。ただそこからつながる今川家との縁談の動きもあって
バランス的には悪くなかったかな。
由布姫に肩入れしすぎて武田家中に波乱を呼びかねない勘助の行動には
どうもやはり共感できないので、小山田話をもっと描いてくれてよかったんですけど。


・おこと姫天然すぎて毒気を抜かれる勘助。
 一緒にいて楽しそうな方で、お館様の気持ちが分かる気もする。

・人ばらいって侍女だけ??リツはいいのかよ。

・おこと姫シーンの要所でポポンポンと入る鼓の音が「はいはいここは
 コントシーンですよ~」という宣言に思えてならない。
 
・「くどい。」リツSUGEEEEE。さすが鬼美濃の娘。

・飯富、太郎を見つめてうっとりしすぎ。守役として今とても幸せ
 なんだろうなと感じさせる光景でした。太郎の結婚式では泣くね。

・太郎と晴信の仲を裂くために、というか四郎に武田家を継がせて
 さらに今川家を攻めるという遠大な計画の布石のひとつとして
 今川家からの嫁取りを勘助が献策したみたいな描き方なのは
 どーなのよ!?
 結果的に遠因になったと言えなくもないけどさ~。

・駒井ヒゲ部加入! そして腹黒い機転をきかせる!
 さすがブラックフィクサー。
 
・小山田さんは前夫の子だということを隠してきたミル姫を
 許して、本当に愛してたんだね。何と深い愛情…

・「愚かで好きじゃ」小山田→勘助の告白きちゃったわー。
 最近「憎みきれぬわ」とかやけにデレってましたけど。
 勘助のことを言っているようで、実はミル姫のこととなると冷静な
 判断が下せない愚かな自分のことも言ってたんだね。

・小山田の死は史実とは違いますが、実に悲しい。お互いに想いあっていて
 それでもなお、乗り越えられない壁があったんでしょうか。
 子供に命かけちゃってたのも分かるけど、ね…。
 彼女の自害シーンを見ていると、武田家への恨みが再燃したというよりも
 やっと見つけた幸せも取り上げられ、悲しい運命から逃れようとしても
 逃れられない自分に絶望しきったという印象でした。

・久々に武田家家臣団エロ会議を見た。しかも馬場ちゃんの口から。
 小山田亡き後のエロ担当は馬場ちゃんなのか?

・紀行はついに記録更新、車で35分。徒歩ならいったい…gkbr
[PR]
by sakanapo | 2007-09-09 21:30 | 映像・観劇