記憶の宮殿なんて脳内に持てないから、外部に記憶。


by sakanapo

シグルイ「検校仕置屋敷」

・エェー、二輪カットですか。納得行かない。
 夕雲の生い立ちを入れるくらいなら二輪を入れるべきでは?
 言っちゃなんだけど、夕雲は今回のみの登場人物なわけだし。
 二輪は藤木と牛股の互いの信頼関係と、虎眼先生への盲目的服従
 を表すのにすごくいいエピソードだと思うんだけどなぁ。
 あーもう脳内ですっごい動画で二輪を妄想して補完してやる。

・三重が食欲を取り戻すシーンが今回登場。
 伊良子の登場シーンに出てきた蝉はいいアングルで
 かっこよかったな。マッドハウスはやればできる子!

・「よってたかって~」の台詞の逆恨みぶりに改めて震撼した。
「女の乳房を焼き」→いくの個人プレイ
「己の目を潰した」→虎眼先生の個人プレイ
ですよね? 戦闘も全て一応はタイマンだったわけですし。
(騙し討ちで戦闘力削いだり薬物使ったりは否定しませんが)
しかし、いくの受けた仕打ちに憤慨しているような振りをしても
この後、いくの背中の彫り物で虎眼先生を挑発し、お手打ちを
誘う(実際にいくは重傷を負った)作戦を採用する人なので…
説得力ないっすよね。

・次回、「その男の鼻の横にはぶどうほどの…」でおなじみ
 友六との対決はさらっと流して早くも虎眼先生とお別れなのか?
[PR]
by sakanapo | 2007-09-29 00:17 | 映像・観劇