記憶の宮殿なんて脳内に持てないから、外部に記憶。


by sakanapo

村上春樹「アフターダーク」

この人はそんなに暴力が怖いのかなぁと最近の作品を読んでいてよく思う。
この作品には2種類の暴力が登場していて、
ひとつは伝統的な暴力の継承者、ヤクザ。
ひとつは一見勤勉なIT技術者にしか見えないのに
裏にどうしようもない歪みと暴力衝動をかかえたサラリーマン。

で、作者が最近とりつかれたように描いてるのは後者の暴力のように
感じる。たぶん、表立って暴力を振るうのが当然?の立場にいる者の
暴力よりも、普通の人(おそらくは自分も含めて)に潜む暴力への
欲望とか衝動の方が怖いんだろうなと。

相変わらずの春樹節はやはり読んでて楽しいので
中編といって差し支えない分量だったんで、そろそろ彼の長編を
読みたいなあ。
[PR]
by sakanapo | 2008-01-20 00:53 | 読書日記