記憶の宮殿なんて脳内に持てないから、外部に記憶。


by sakanapo

ナスカ展@国立科学博物館

地上絵バーチャルリアリティ映像目当てで行くも
入場1時間待ちという惨事。

案の定、段差もない平面での立ち見状態では
垂直方向にチャレンジドな者どもは画面の半分も
見ることができなかったとさ。 それでも楽しかったけどね!

やっぱり古代文明ものは土器に描かれたデザインを
見てるのが一番楽しいや… 
ナスカ文明は3次元造形においては非常に写実的なのに、
絵画方面ではデフォルメされた前衛的なデザインのみ
なのが不思議。

黒目の残ったミイラの顔をみんなして覗き込む覗き込む。
お前らそれ死体だぜ?
トロフィー(首級)は骨になってしまっていて、常設展にあった
干し首ほどのインパクトがないのが残念。
(今は干し首展示してないと聞いたけど、もったいない!)

本日の目玉は、海洋堂制作の国立科学博物館収蔵品ガチャポン。
ヤンバルテナガコガネ・日本館は既に所持しており、次は
異常巻きアンモナイト・フタバスズキリュウ2種も欲しいのだが
一番欲しいのはトキ。
縄文人が来る予感に怯えつつ300円投入してハンドルを回すと、

トキでたー!

これで全てのストレス解消ですとも。えぇ。
[PR]
by sakanapo | 2008-02-14 19:25 | 時事