記憶の宮殿なんて脳内に持てないから、外部に記憶。


by sakanapo

カテゴリ:レシピ( 4 )

ふきみそ

早速、ふきみそ作りました。

使用前
f0041673_1321138.jpg


ところで、梨木さんの本で「ふきのとうには雌雄があって形が違う」というような
ことを読みましたが、うちに生えているのは全部同じ形のような・・・

「小菊の寄り集まったようなのが雄花、黄緑の蕾の集まったようなのが雌花」
だということですが、私の目には全部「小菊の蕾が集まったようなの」に
見えるんですが・・・涙
生える時期にズレがあったりするんでしょうか?

そして

使用後
f0041673_13251724.jpg


切り刻むだけでふきのとうが一気に茶色に変色し、アクの強さを感じさせます。
と同時に漂う香り!
今回は八丁味噌と白味噌5:5で作りましたが、ちょっと八丁味噌の香りが
強すぎたかな。今度は1:3くらいでやってみようかしらん。

といっても、もう日陰のふきのとうもかなり開いてきちゃってるので
次の機会は来年になりそうです。

焼きおにぎりにして食べたいなー。

<今回のレシピ>
味噌大さじ4、酒大さじ3、砂糖大さじ3.5

・ふきのとうを細かく刻んで30分ほど水につけ、アク抜き。
・油でふきのとうを炒め、緑が濃くなったら他の材料を投入。
 水気をとばしてできあがり
[PR]
by sakanapo | 2007-02-23 13:28 | レシピ

鶏むね肉レシピ

ようやくチキン南蛮ブームは去ったらしい・・・検索で来る人も少なくなりました。
しかしあのヒット数はいったい何だったんだろう。
先月のアクセス解析はもう見る気にもなれんw

--------------
下手すると100g38円で買える鶏むね肉ですが、意外とレシピがなくて使い道に困るもの。パサパサ感が苦手なのでそれを感じさせないレシピでリピート活用してます。

●鶏はむ
2ch料理板で見かけたのははや3~4年前?むね肉がこんなにしっとり!と感激して以来、今も変わらず大好き。ベストな作り方を目指してゆで時間変えて試行錯誤したり、画像をうpして見せ合ったりといった盛り上がりが懐かしい。塩こしょうのところでセージを入れるとソーセージの香りに。きゅうりと並んで夏の冷やし麺の友。

○作り方
・鶏むね肉の皮、脂を取る。
・やっべ大杉じゃね?というくらいの塩・こしょう(お好みで各種ハーブ)
・はちみつをまぶす(しっとり感upのためですが省略可。)
・キッチンペーパーで包み、ジップロック等で密封して冷蔵庫に2日ほど放置プレイ。
・好みで表面をきれいにして、かぶるくらいの水を沸騰させたら鶏投入。
 再び沸騰したら10数えて消火。冷めるまで放置。
・できあがり。切るときれいな桜色をしています。

○利用法
・サンドイッチの具、棒棒鶏の具、そうめん・冷やし中華の具、普通にハムとして等々。保存料ゼロなので早めに使い切る。保存はスープに浸したままがよい。
・スープもラーメン・カレー・シチューや普通にチキンスープとしてウマー。

●梅ごま焼き
これもしっとり感が抜群。Cookpadで見たのを参考に。

○作り方
・たれを作っておく。
 (めんつゆ、酒、すりごま、梅干(種をとって叩いておく)、砂糖、みりん、しょうゆを適当に。ごまはたっぷり。小口切りのねぎも入れておく。)
・鶏むね肉の皮、脂を取る。
・縦に2~3本に切り分け、刺身を切る要領で一口大のそぎ切り。
・塩こしょうして小麦粉をまぶす。(ビニール袋でやると楽)
・フライパンで焼く。小麦粉ついてるのでわりと油がいるけど気にすんな。
・焼けたらたれをからめる。
[PR]
by sakanapo | 2006-09-04 17:51 | レシピ

冷汁レシピ

アクセス解析を見ていたら衝撃の事実が・・・詳しくは明日。

自分用のメモですがせっかくなんで公開しておきます。

初めてこれを食べたのは渋谷の宮崎料理屋で、俗に言う接待の場でした。自分の好みにドンピシャだったのでこれウマー!とはしゃいでたら、粉末状の「冷汁の素」をお土産に持たせてくれちゃったりして非常に恐縮でした^-^;; 某出版社さんその節はごちそうさまでした。
以来、簡略化して自分で作っています。作り始めた当時はすり鉢もフープロもなかったけどどうとでもなるもんです。

●冷や汁の作り方
・お湯にだしの素を溶いたものを冷ましておく。3カップくらいが作りやすいが適当で。
・鯵の干物を焼いて、熱いうちに身をほぐしておく。
・みょうが、青じそは千切り、きゅうりはごく薄いスライス。量は好みで!
・すりごま大さじ2、豆腐1/4丁、みそ、鯵の身をあわせてすり鉢であたる。量は適当で!
 まとめてフードプロセッサーにかけてもよい。
・だし汁を少しずつ加えてのばす。ちょい濃い目の味噌汁的な味になればおk。
・具を浮かべて冷やしておく/氷を入れる
・ごはんにかけて食え!

もっと面倒なことがしたければ、みそはアルミホイルにのばしてトースターで焼く/木じゃくしにのばしてコンロで炙るなどしておくと風味がよくなるそうです。ただ自分は涼みたいからこういう料理を作るわけで・・・火はできるだけ使いたくないわけで…。あとはわかるな?
汁をいったん煮立ててから冷やすというレシピも実在するようですが、上記の観点から個人的にはアリエナスでございます。
[PR]
by sakanapo | 2006-07-31 17:41 | レシピ

チキン南蛮レシピ

鶏もも肉より鶏むね肉がおすすめです。

=== 南蛮液 4~5人分くらい ===
 水  60cc
 しょうゆ  120cc
 酢  160cc
 砂糖  120g
 玉葱千切り  80g
 人参千切り  60g
 ローリエ  1枚

一煮立ちさせたらバットにとる。

=== タルタルソース 4~5人分くらい ===

 マヨネーズ  80g
 かたゆでたまご  1個
 パセリみじん切り  適量
 ピクルス  0.5本
 玉葱みじん切り  20g
 塩・こしょう 少々

=== チキン南蛮の作り方&美味しい食べ方 ===

肉にかるく塩・こしょうをふっておく。
小麦粉をまぶして、ときほぐした卵液につけて、
170℃の油で揚げる。
揚がったらすぐに南蛮液に1~2分漬け込む。
[PR]
by sakanapo | 2006-02-17 16:31 | レシピ