記憶の宮殿なんて脳内に持てないから、外部に記憶。


by sakanapo

タグ:お出かけ ( 8 ) タグの人気記事

春の茨城1泊2日

・偕楽園

3月上旬で六分咲き。紅梅はまだまだこれからだが白梅・八重の紅梅は
ちょうど見頃。がくの部分まで白い「月影」「月の桂」という白梅の品種がきれい。
園外の湖というか川沿いの梅園が、園内より開放感があって見やすい。
マクロ撮影を試みるとなぜか図鑑写真になる。

・笠間焼

小さな窯元のお店はちょっと敷居が高いので
「店員が薦めにやってこなくて気楽」という噂を聞いて
きらら館というギャラリーでそばちょくを購入。
近くで食べたそばがかなりおいしかった。

・北茨城、平潟のあんこう鍋

今まで5~6箇所は食べ歩いてきたけれど今回は一番低い評価。
宿のハードは(平潟としては)標準だけど、まず食事がダメダメ、
従業員の対応もひどい。これで¥12,000は全くもって納得行かない。
お土産に買って帰った海産物で作った夕食の方がよほどおいしい。
こんなんで割烹旅館なんて名前を掲げるんじゃないと言いたいよ。
[PR]
by sakanapo | 2008-03-10 13:42 | 時事
全くの自分用メモ。

More
[PR]
by sakanapo | 2008-02-25 17:58 | 時事
地上絵バーチャルリアリティ映像目当てで行くも
入場1時間待ちという惨事。

案の定、段差もない平面での立ち見状態では
垂直方向にチャレンジドな者どもは画面の半分も
見ることができなかったとさ。 それでも楽しかったけどね!

やっぱり古代文明ものは土器に描かれたデザインを
見てるのが一番楽しいや… 
ナスカ文明は3次元造形においては非常に写実的なのに、
絵画方面ではデフォルメされた前衛的なデザインのみ
なのが不思議。

黒目の残ったミイラの顔をみんなして覗き込む覗き込む。
お前らそれ死体だぜ?
トロフィー(首級)は骨になってしまっていて、常設展にあった
干し首ほどのインパクトがないのが残念。
(今は干し首展示してないと聞いたけど、もったいない!)

本日の目玉は、海洋堂制作の国立科学博物館収蔵品ガチャポン。
ヤンバルテナガコガネ・日本館は既に所持しており、次は
異常巻きアンモナイト・フタバスズキリュウ2種も欲しいのだが
一番欲しいのはトキ。
縄文人が来る予感に怯えつつ300円投入してハンドルを回すと、

トキでたー!

これで全てのストレス解消ですとも。えぇ。
[PR]
by sakanapo | 2008-02-14 19:25 | 時事

紅葉@鎌倉

暖かい一日でした。むしろ暑かった。
紅葉はもう一歩というとこだったけど、これ以上寒くなると
散策がきつくなりそう。

自分用メモ
[PR]
by sakanapo | 2007-11-25 21:55 | 時事

箱根グルメ

箱根食べまくり。

自分用メモ
[PR]
by sakanapo | 2007-11-04 03:18 |

フルーツ食べ放題

f0041673_11202454.jpg

@千疋屋総本店 ¥3150-

フルーツサラダが尋常でなくうまい。
マンゴーもちょっと苦手なんだけどこれはおいしかった。
右上にあるのはアボカド用わさび醤油皿。
予約をがんばってくれた同僚に感謝。
[PR]
by sakanapo | 2007-10-20 11:21 |

コスモス

f0041673_1153478.jpg

f0041673_1154211.jpg

変り種
f0041673_1152277.jpg

f0041673_116114.jpg

@国営ひたち海浜公園
[PR]
by sakanapo | 2007-10-14 11:06 | 時事

北茨城 あんこう鍋

ほぼ毎年恒例の、真冬のあんこう鍋ツアー。
北茨城市平潟周辺で温泉入って鍋食べて
魚買って帰る、という行程です。

しかし観光できる場所がこの辺は少ない!
小名浜までいってラ・ラ・ミュウとかアクアマリンふくしま
覗いてきました。水族館はサンマなども展示されていましたが
北の海のUFO、ダンゴウオが個人的目玉です。
今年はあったかいですね。例年、このツアーは死ぬほど寒いという
記憶があるのですが、今回はコートなしで外を歩けるほどでした。

今回の宿は「相模屋」さん。
改装したばかりということできれいな建物。非常にリーズナブルで
食事もおいしかったです。あんこう鍋は「どぶ汁」というあん肝ベースの
スープがウリなのですが、本来はこれ水を一滴も入れず
食材から出る水分のみで作るそうです。
初めて食べに行った時からこれを出されてたので特に抵抗もないのですが
今回は「初心者向け」の水分アリのスープにしてみました。
やっぱりかなり上品になりますね。野菜があん肝味に染まりきらず
食材そのものの味が楽しめますが、濃厚さではどぶ汁が上。
どちらもおいしいので毎年交互に食べてみようかなー。

ただ、隣や上の部屋からの足音がバタバタ響いたり
話し声がかなり筒抜けで、早朝にうるさくて目が覚めました。
あと、布団が薄くって背中が痛かったです^-^;
平潟で豪華な宿を望んでるわけじゃないんですが、今まで泊まった
どの宿も、食事はだいたいおいしいのにどうも設備にイマイチ感が。
今までのイチ押しは「魚彦」さんですが、なかなか予約がとれません。
また来年は違うとこ行ってみよう。

宿の近所で自家製さつま揚げを売ってるお店があったので覗いたら
おばあちゃんが七輪でイカの足を焼いてお茶つきでふるまってくれました。
手作り塩辛を試食したらおいしかったので購入。

そして帰り道、大津港近くの海産物店で巨大なスズキを一本買って帰宅。
刺身5人前、切り身6人前に化けました。ほんとーにおいしかった・・・
[PR]
by sakanapo | 2007-01-16 11:33 |