記憶の宮殿なんて脳内に持てないから、外部に記憶。


by sakanapo

タグ:ドラマ ( 23 ) タグの人気記事

WOWOWあれこれ

シグルイ視聴のために入ったWOWOWだけど、結局やめられず。
海外ドラマと映画の魅力がっ。

・「ア・フュー・グッドメン」
終盤になってやっと、昔この作品を劇場まで見に行ったのはジャック・ニコルソンを
見るためだったんだという記憶が蘇ってきた。そんなことも忘れていたのに
今でも彼の決めセリフを暗記していた自分が怖かった。
デミ・ムーアが正視に耐えないほどの昔っぽさ。

・「ミッション・インポッシブル3」
はいはいハリウッドハリウッドすごいすごいねー。
ちょっと客をバカにしすぎちゃいないか、という強引さが
目に付くのだけど…
宙釣りは既にお家芸と化している。

・「ブロークバック・マウンテン」
リアルアッー!なんつーか、カウボーイって基本的にエロいですよね。
キャンプみたいな濃いい共同生活を送るうちにアッー!ってのも
分かる気はする。
初っ端からいきなり襲い受けだったのが驚きだった。

・SAW2、SAW3
かわうそさんは一緒に見てくれないので一人で鑑賞。たのしかったよ!
シリーズが進むにつれ、シグソウが零落していくのが見ていてつらい。
怪獣映画と同じでですね、彼もまたハッキリと画面に映ってしゃべって
露出が増えれば増えるほど恐ろしさがなくなっていく。
「弟子」がまたあまりにアホで、後継者としての器ゼロというのも
ジグソウの神秘性を大きく削いでると思った。

・NANA、NANA2
こんなのまで見てしまった。漫画は序盤のみ読了。
とにかく、中島美嘉の演技がなぁ…もともと原作の彼女の言葉使いが
リアリティないせいもあるけどさ。ビジュアルはすごくいいのに、残念。
しかし華奢だね!
そしてピストルズを敬愛するバンドの曲がそれですか?エーッ
ブラストもトラネスもライブシーンの声量が足りなーい。
ハチの彼を奪う美大の女の子、男から見たらかわいくて、でも
実は腹黒く計算高い女というものをよく表現できてるなと思ったら
ダルビッシュの奥さんでした。
NANAではレン=おさむB型の松田龍平でしたが、ギャラが高騰したのか
2では別の人でした。ハチはやっぱり宮崎あおいの方が可愛かったな。

・野田秀樹「BEE」
さすがに引き込まれる。この人って本当に人に目をそらさせない演技を
する人だと思う。野田を2時間じっくりと堪能できただけでよかった。
独特の台詞回しがなつかしくって、それだけで泣けてくる。
昔の、派手で大人数の野田の舞台しか知らなかったから
こんな少人数でやる芝居は新鮮。「言葉遊び」みたいな要素が
前より減ったかな?

・最後にWeird AL情報。
 CSI:マイアミで「White&Nerdy」の、「コールドケース」で「Headline News」の
 それぞれ元ネタになった曲がBGMとして流れていて、続けて見たんで
 大興奮した。どっちも元ネタ曲聴いたのはじめてだったんで…
[PR]
by sakanapo | 2007-11-22 22:56 | 映像・観劇
WOWOWでドラマ化されたものを見た。原作は未読。
何よりもハゲタカの大森南朋とコッペパーンの義元、谷原章介が
出るというのにそそられて見てしまったよ!

宮部みゆきと言えば映画版の模倣犯をDVD借りて見たこと
あるんだけど、これがかなりの原作改悪で。演技はさておき、
演出がもうなんというか、超シュールなんですよ。中居くんが
ラストで頭どっかーんだったりかなり意味不明な出来だったので、
小説を読むだけにしておけばよかったと後悔したものだけど、
このドラマはキャストも豪華でなかなか見ごたえありました。
どうせなら谷原ピースで映像化してほしかったね!と
我が家で話題になりました。もちろん監督も変えてね。

ストーリーは模倣犯とちょっと似てるかな…。
犯人の動機とか、ね。 これが宮部節なのかな。
ラストの男三人の語り合いも、模倣犯の
豆腐屋のおじいちゃんと高校生の男の子との会話に
つながるものがある印象。

しかしなんでまた大森さんは、身重の妻がいる設定にも
関わらず男に夢中な役柄なんだろう…
[PR]
by sakanapo | 2007-11-05 23:24 | 映像・観劇
今週はタイトルにこそ「母」とつくけれど、父と子の様々な関係を描くシーンが多かったように思いました。
・氏康と新九郎:祖先の教え、武士道のありかたを熱心に教育する親
・関東管領と竜若丸:息子を愛してはいるが先を読む力に欠け、結局息子を失ってしまう
・信虎-晴信-義信:父親と反目する息子、そしてその繰り返し。

以下つっこみ
[PR]
by sakanapo | 2007-09-16 23:53 | 映像・観劇
「あ~ま~り~ う~ら~ぎったか~!」
f0041673_12212090.gif


食玩のカピバラさんを入手してからずっとやってみたかった
眉毛ぴくぴくアニメGIF。
お館様本人の画像のアニGIFも持ってるんだけど
著作権の関係上、公開はできないので。

撮影の環境と腕はさておき、まぁまぁ満足。

お館様出陣モード「総攻めじゃぁ~」
f0041673_12523680.gif

[PR]
by sakanapo | 2007-09-16 12:21 | 映像・観劇
好きな登場人物がいても途中退場が避けられないのが大河の習い。

小山田、落つ。が今回のテーマかと思いきや、姫パートも結構なボリューム
を占めていました。ただそこからつながる今川家との縁談の動きもあって
バランス的には悪くなかったかな。
由布姫に肩入れしすぎて武田家中に波乱を呼びかねない勘助の行動には
どうもやはり共感できないので、小山田話をもっと描いてくれてよかったんですけど。


・おこと姫天然すぎて毒気を抜かれる勘助。
 一緒にいて楽しそうな方で、お館様の気持ちが分かる気もする。

・人ばらいって侍女だけ??リツはいいのかよ。

・おこと姫シーンの要所でポポンポンと入る鼓の音が「はいはいここは
 コントシーンですよ~」という宣言に思えてならない。
 
・「くどい。」リツSUGEEEEE。さすが鬼美濃の娘。

・飯富、太郎を見つめてうっとりしすぎ。守役として今とても幸せ
 なんだろうなと感じさせる光景でした。太郎の結婚式では泣くね。

・太郎と晴信の仲を裂くために、というか四郎に武田家を継がせて
 さらに今川家を攻めるという遠大な計画の布石のひとつとして
 今川家からの嫁取りを勘助が献策したみたいな描き方なのは
 どーなのよ!?
 結果的に遠因になったと言えなくもないけどさ~。

・駒井ヒゲ部加入! そして腹黒い機転をきかせる!
 さすがブラックフィクサー。
 
・小山田さんは前夫の子だということを隠してきたミル姫を
 許して、本当に愛してたんだね。何と深い愛情…

・「愚かで好きじゃ」小山田→勘助の告白きちゃったわー。
 最近「憎みきれぬわ」とかやけにデレってましたけど。
 勘助のことを言っているようで、実はミル姫のこととなると冷静な
 判断が下せない愚かな自分のことも言ってたんだね。

・小山田の死は史実とは違いますが、実に悲しい。お互いに想いあっていて
 それでもなお、乗り越えられない壁があったんでしょうか。
 子供に命かけちゃってたのも分かるけど、ね…。
 彼女の自害シーンを見ていると、武田家への恨みが再燃したというよりも
 やっと見つけた幸せも取り上げられ、悲しい運命から逃れようとしても
 逃れられない自分に絶望しきったという印象でした。

・久々に武田家家臣団エロ会議を見た。しかも馬場ちゃんの口から。
 小山田亡き後のエロ担当は馬場ちゃんなのか?

・紀行はついに記録更新、車で35分。徒歩ならいったい…gkbr
[PR]
by sakanapo | 2007-09-09 21:30 | 映像・観劇
NHKの企業CMで本日19:56~よりハゲタカのパロディをやるという情報を超直前に仕入れ、早速チェック!HDD録画間に合ってよかった。

うっほっほ!うっほっほ!
ホライズン全員集合じゃねーかー!
サラリーマンNEOといい、NHKが本気出して遊んだ時は
どえらいものがあるな。

・アラン短髪キタワーーーー!なんか若返ったように見える。
 ドーモ君とアランまさかの共演!シュールすぎる…

・大森さんはもう鷲津には戻れないんじゃないかと思ってましたが、さすが役者さん、きっちりと「鷲津」を見せてくれました。あのメガネも健在。しかしヘリ空撮も新しく撮ったのかね!?

・中延さんも嶋田久作(役名村田でしたっけ)もいる!リンもいる!みんなこのためにスケジュール調整して集まったんだね…ちょっと感動しちゃったよ。

・中延さん「グーチョコランタン…」

・NHKキャラのぬいぐるみを両手に渋くキメる鷲津。爆笑。
 セクスィー部長とも共艶、ってやつです。

お見逃しの方は下記の再放送をチェックですよ。
・9/18(火)BShi 19:57~19:59
・9/20(木)総合 15:14~15:16
・9/23(日)BS1 12:13~12:15
[PR]
by sakanapo | 2007-09-03 21:01 | 映像・観劇
姫パートの今回は軽くコメディタッチ中心になりがちですが、今回もその例にもれず。意外と面白い回でした。
ちなみに今、風林火山公式サイトで壁紙第二弾を公開中。


・勘助障子パーン!お館さまドキーン!のシーンが2回繰り返されたのは笑い死にそうでした。お館さま明らかに怯えてるし。「板垣に似てきたな」と煙に巻くお館様、愛らしうございました。

・またそのシーンのお館様と勘助の顔芸対決が。勘助の顔芸は由布姫の「油川の娘御を連れてまいれ」の時の「は?」もとてもよかった。内野さん楽しそうだなぁ。

・信廉様、元服後はもしや初登場?お館様の影武者も務めたとされる彼ですが、あまりカピバラ的な顔立ちではなく、なかなかの美形でした。いえ私はお館様のことをとてもかっこいいと思ってるのですが、顔の造作+αの部分が彼の魅力だと思っておりますので…。

・由布姫は姫にして姫にあらず、武将キャラである、というのは公式設定なんだな。

・諏訪太鼓にまぎれた武田家臣団のテレパシー会議わろたわー。最初は独白が続いてるだけなのかな、と思ってたけど徐々に会話になっていき、最後は駒井がオチを担当。駒井ますますおいしすぎだな!
清水先生でもないのになかなかのトンデモ演出をされたのは福井先生ですか、今日からあなたについていきます!それにしても武田家のブラックフィクサー、駒井の情報網すげえええええ。何でも知ってやがる。

・武田家中での「隠し事と、その露見」というのが今回の裏テーマかなと思いました。お館様→由布姫では新側室・寅王丸の件、勘助→由布姫への隠し事、駒井→家臣団の爆弾発言、そしてラストの伝兵衛・太吉→勘助への「於琴姫じゃ」。勘助の「そうか…(気づきのアクション)なにぃぃぃ!!」は死ぬほど笑わせてもらいました。

・客観的に見れば見るほど、由布姫うぜえええ になっちゃう。三条が言ってる事のほうがいちいちごもっともだ。勘助も由布姫の決意聞いたところで「えぇー、俺そんな謀反の片棒担ぐようなことまではしたくねえなー」という表情に見えてしまった。原作からしてこんな女性なので仕方ないけど、どうにもヒロインとしては魅力に欠けてしまうんだよねー。戦うなら別の方向にしてくれ。

・四郎に弓の腕前を披露しておにいちゃんぶる義信とそれを見守る飯富。この頃は兄弟仲良くしてるんだなー。お互い、初対面の相手にいいとこ見せよう!とか憧れのまなざしといった感じで初々しい兄弟。

・次週は小山田&ミル姫にまつわる悲しい物語メインの模様。
 武田家エロ担当の小山田様がいなくなっちゃうなんてさみしすぎる。
[PR]
by sakanapo | 2007-09-02 21:19 | 映像・観劇

"The Dead Zone" Season2

Season2を借りてきてぼつぼつ見ています。
クオリティ高いエピソードが多くてとても面白い。
物語に必要な背景を語らなければならないSeason1と違って
必要な情報は既に与えられているし、人物の相関もできあがって
きてるので純粋にストーリーテリングに徹することができているのかな。
また1話1話ホラーだったりサスペンスだったりとがらりと
テイストを変えてるのも楽しかった。

特に面白かったのは今のとここの3話。

■Episode 18 Precipitate 6人のドナー

・事故で怪我を負ったジョニーに輸血された血液の持ち主6人の誰かが死んでしまうヴィジョンを見たジョニーはそれが誰なのかをつきとめるべく動く。

・"I see dead people" とThe Sixth Senseのパロをやったり、「キングみたいな作家になりたいのか」なんて台詞が出てきたり。

・オイスターバーで「牡蠣なんて食うなよ!」叫ぶブルースおかしすぎ。

■Episode 20 Misbegotten 謎を解く女たち

・ジョニーのストーカー、映画監督志望、その恋人の3人の女性は、未解決の一家惨殺事件のあった農場の一軒家にジョニーを拉致監禁し、その事件の解決をさせようとする。

・○○○○が犯人だろう、というのは一瞬で分かってしまうんだけど、実は○○○○=●●●だというやや強引なひねりが効いてた。

・サラとデーナ、元カノ同士の奇妙な友情、連帯感、張り合い感(自分の方が彼をよく知ってるわ!)が新鮮でした。

・エンドロールの後にちらっと「The Farmhouse」という題名の映画がかかってる映画館が映ってた。牧師…

■Episode 21 Cabin Pressure 恐怖のフライト

・飛行機に搭乗した牧師とジョニーだが、機が急降下してCAが天井にたたきつけられて死に、エンジンが爆発するヴィジョンを見てしまう。

・手に汗握る系のサスペンスで、機長が急降下の原因だ→じゃあ交代させよう→副機長も同じことしてるー!のあたりとか最高でした。

・とりあえずこれだけ言わせてくれ。キングファンとしては「最初から最後までぐっすり寝てて、一件落着の後目を覚ますが結局何が起こったか全く知らないオッサン」が出てくるのがツボだった。ナイスです。ランゴリアーズのパロディですかね。
[PR]
by sakanapo | 2007-09-01 17:23 | スティーヴン・キング
今回は戸石城陥落のお話で真田メインでした。忍芽さんいい奥さんだ…

・真田、相木、勘助の中途入社トリオが久々に揃い踏み。この3人の会話が大好き。今回は相木さんのキレ者ぶりというよりも真田への心酔ぶりが目立ちました。「策を進言したのはわしじゃ!さぁ責めろ!やれ責めろ!」といばるあたりが笑えます。

・勘助の進言に真田家中が超がっかりモードに入るのも面白かった。「息子でさえそう言いましたわ」ってどの息子でしょう!?かなり年少の息子だったらさらに嫌味でいいね。

・でも実はお館様の出方まで読んだ上での進言だった模様。阿吽の呼吸でワンツーリターンパスを決めるこの当主と軍師は一体なんなんですかのう。

・盲目の次男竜芳といえば、現在まで続く武田家の子孫というのは実はこの方の血筋なのだそうで。次回は跡目争いに絡んだ姫パートみたいですが、武将として跡を継がせた方はみな死に絶えてしまって、結局血筋を後世に残すこともなかったという点を考えてみると、跡を継ぐことが本当に幸せなのか、なんて分からなくなります。

・一件落着した後での真田様から妻子への説教部屋に入ろうとした勘助への、相木様から無言の「待った」がツボった。自分は特等席で見守ってるくせにー!

・真田様、妻子思いなんですね。最初は怒鳴りまくりーの、領民引き合いに出しまくりーのでしたが本音が出るとなんていい人…。しかし妻子を両方とも抱き寄せたのが最初分からず、忍芽だけ抱き寄せてたと思ってたんで嫡男が映った時「うわ忍芽がゴツくなった!」と一瞬驚きました。

・最近の駒井さん、なんだかやたらおいしいキャラじゃないすか?
 真田・相木・勘助のトリオにアイコンタクトで加わってくるとは。

・勘助の銃創を治した坊さんを呼んで寺を建立するという決意表明する真田様。寺の名前は「馬糞寺」でよろしいでしょうか?

・ラストで出てきた墓は矢崎パパンのものだったんですね。
 所持する人に次々と不幸を呼ぶアイテム、魔利支天ペンダントが勘助の手に戻ってきちゃったよ!大丈夫か?
[PR]
by sakanapo | 2007-08-26 22:47 | 映像・観劇
・なんつーか、ユカちゃんが鷲津に魅かれていって(「身内です!」と叫んだり)リハビリも見守ってきたのに、結局鷲津が見てるのは芝野と同じものであって、自分ではないと気づいて身を引く話に見えてしまった。

・崩壊後の鷲津は雨の中道路に捨てられた子狸のような目をしている。
 「ふざけるなー!」携帯投げシーンはズキュウゥゥンときました!

・芝野が感情をあらわにするシーンが多かった。しかし彼の声は甘いですね。大木会長の手紙の朗読とか、あぁいい声だなぁと聞きほれてしまった。
 鷲津のプロポーズにやっと応えてくれたね!「彼に出会えてよかったです」とか、こらNHK!いいぞもっとやれ!ラストの記者会見なんてまるで結婚記者会見のようだし…仲人は大木会長&ユカちゃんで。

・中野辺さんがあんな重要ポジションキャラになるとはびっくり。鷲津ファンドに嶋田久作とともに戻ってきてホッとした。

いやいや、全6話、実に楽しく見させていただきました。

主人公2人の家庭やプライベートを極力廃し、最初は敵として出会い、やがて同じ方向を向いて歩き出す関係の変化に的を絞ったストーリー展開、それぞれのエピソードで登場する個性豊かなリーマン達、鷲津によって人生を変えられ、彼の背中を追って成り上がるも凋落し、そして最後に救われたおさむB型の生き方、どれもこれも見ごたえ十分でした。
今後もNHKにはリーマン賛歌を描き続けていってほしいものです。サラリーマンNEOも含めて。
[PR]
by sakanapo | 2007-08-26 22:28 | 映像・観劇