記憶の宮殿なんて脳内に持てないから、外部に記憶。


by sakanapo

映画「バベル」

アカデミー賞助演女優賞に菊池凛子がノミネートということで
知名度は高いのに、意外とヒットしたとも聞かず、身近で見た
という人もいないこの作品。

内容はというと、モロッコのアメリカ人観光客と現地の少年、
メキシコに帰郷したアメリカ在住のベビーシッター、日本の女子高生という
一見独立したそれぞれのストーリーを一発の銃弾が1つに
つないでいくというもの。

感想らしい感想が持てない。面白くないわけではないが
そんなにいい作品だとも思わない。見ていてあまり楽しくない。
深読みしていろいろ分析したところで感想は変わらない。

・菊池凛子脱ぎすぎ。愛と理解に飢えた女子高生は語る言葉を
 持たないゆえに、関心を持ってもらう手段として脱ぐ。手っ取り早い
 アプローチとして脱ぐ。 相手が見知らぬ高校生だろうが治療中の
 歯医者だろうが、初対面の刑事だろうがとにかく脱ぐ。
 こういう役柄とは知らなかったのでちょっと驚いた。

・「バベル」というタイトルから、コミュニケーション不全とかそれ系の話が
 メインなのかと思ったけど、特に深読みしなければそれがあてはまるのは
 ストーリーの本筋から一番離れた日本のエピソードくらい。見せ方が
 どぎつすぎるし共感もできないけど(日本人・聾唖者への侮辱だとも
 思わないけど)。
 ラストで映る都心の高層マンションが「バベルの塔」か。

・「バベルの塔」の本来の意味通り「言葉が通じない世界」につなげると
 モロッコにおけるアメリカ人観光客、メキシコにおけるアメリカ人の子供2人、
 聴覚障害のチエコと言葉でのコミュニケーションができない場面は非常に多い。

・メキシコやモロッコ少年のエピソードではアメリア(だっけ、ベビーシッター)の
 台詞「悪いことをしたわけではないの、ただ愚かなだけ」に集約されそう。
 悪意がなくとも悲劇は起きる。(アメリアと子供を荒野に置き去りにした時の
 甥っ子は半ば故意だと思うが)

・ちょっと外れた感想になるけど、アメリカそのものの光景をほとんど描かないことで
 余計にアメリカの影を非常に感じる映画だった。アメリカ人あるいはアメリカに
 深く関わる登場人物がこれだけ多いのに(夫婦を含めたアメリカ人観光客、
 メキシコからアメリカにやってきて不法就労しているベビーシッター、アメリカ人の
 子供など)アメリカが舞台になっている場面は異常に少ない。
 そして、一番関係なさそうな日本のエピソードでも、クラブシーンやドラッグなど
 あえてアメリカの強い影響下にある文化をとりあげていたりする。
 でも直接は描かない。世界中に及ぶアメリカの支配力を匂わせたかったのか
 何かアメリカを責めたい気持ちがあるのか…こういうところが妙に気になってしまった。

・チエコが刑事に渡したメモの内容は最後まで明かされないまま。
 走り書きした割にはすげえ長え!ただの告白なのか、それとも愛や理解を
 求めても与えられないいらだちや孤独を書き連ねたものなのか、はたまた
 母の死の真相を綴ったものなのか。
 個人的には後者に近く、自分が母の自死に何らかの責任を感じているという
 内容を含んだものと予想。さらに深読みして、友人への「あんたの父親と寝てやる」
 という台詞、父親とのぎくしゃくした関係から、過去に父親と何かあったのでは…?
 それが母親の死に…と妄想はひろがりんぐ。
[PR]
by SAKANAPO | 2008-02-28 12:58 | 映像・観劇
いかにもティム・バートンらしいグロくて気味悪くて美しい映像。
意外にも主要キャストはみな歌がうまく楽しく鑑賞しました。

ネタばれあり感想
[PR]
by sakanapo | 2008-02-13 16:30 | 映像・観劇

映画「いのちの食べ方」

渋谷で見てきた。http://www.espace-sarou.co.jp/inochi/

ほとんどが静止カメラの映像で、ナレーションもなし。
たまに会話シーンがあるも、全てヨーロッパ言語で字幕なし。
ただ淡々と、ヨーロッパにおいて農作物・魚・鶏・牛・豚が育てられ、
収穫され、殺され、食料へと加工されていく様子が描かれる
ドキュメンタリー作品。予想通りグロ注意。

まず浮かんだ率直な感想は「日本の第一次産業が価格で勝てるわけねーな」。

とにかく規模が違う。トマトやパプリカ(ピーマン)のハウス栽培のハウスの
果てしない広さ。平屋建てのだだっぴろい養鶏場にぎっしりと詰め込まれた鶏。
もちろん、農地も全てあまりに広大。水をやるのも農薬をまくのも、そのためだけに
特化した専用の機械で行い、人間の力は可能な限り使わないように設計されてる。

日本で目にする農家・酪農家・漁師の作業風景とのあまりの違い。
字面でも分かるとおり、日本では「家」単位の作業。家内制手工業の世界。
対して今回見た作業風景は「企業」のもの。効率重視、コスト削減が極限まで
徹底されてるわけで。日本が「遅れてる」というつもりはないけど、価格が高い分
日本で食べるものがおいしいのならいいけれど、さてどうだろう。
これって、本当に「日本は土地が狭いから」それだけなのかな・・・?

また、労働者の食事・休憩シーンが頻繁に挿入される。
意図としてはおそらく、見ている私達と彼らの距離を近づけるため、
なんだろうね。家畜の生産に関わる人々と私達は何の変わりもない
人間なんだと。

■印象に残ったシーン

・超高速ひよこベルトコンベアー移動。かなりの落差も超高速でたたきつける。
 成鶏の捕獲も同様。全体を通して鶏に対する扱いは牛・豚と比べて悪い。

・牛の立ったまま帝王切開。わりと平然と立ってるのがすごい。

・レタスの収穫シーン。内部だけ見てたらハウス栽培?かと思った。
ちょっとした家のサイズの収穫機の内部で人が刈り取り、包装し、カゴ詰めする。
終わったら収穫機ごと前進して、現れたレタスを刈り取り・・・以下繰り返し。

・バスで移動する労働者が箱を持って一見土しかない土地に散らばる。
 丁寧に土を掘り返していき、細いダイコンのように見える白いものを収穫。
 ホワイトアスパラでした。ヨーロッパの春の味覚っすね~
 どうも日雇いで出来高制?のようだった。 

・牛や豚の解体シーンはさすがに嫌そうにしているお客さんがいました。
 でもまぁ見ておいて損はないんじゃないかな。
 牛は一旦死んでしまったらもう人力で動かすことはできないくらい
 でかいんだ、重いんだってことがよくわかった。
 それにしてもなんで魚の解体はTVでもばんばん映るしみんな平気なんだろうか。

・一見、「食」とはかかわりなさそうに見える映像が進んでいくうちに
 「おぉ・・・」と分かるものもいくつか。岩塩採掘場は当然ながら最初炭鉱にしか
 見えなかった。

・ただひとつの作業に特化した機械がたくさん登場するのも見もの。
 よく考えたな!と感心することしきり。
 畝の間隔も全て機械にあわせて決められてるんだなあ。
[PR]
by sakanapo | 2007-12-09 11:29 | 映像・観劇

WOWOWあれこれ

シグルイ視聴のために入ったWOWOWだけど、結局やめられず。
海外ドラマと映画の魅力がっ。

・「ア・フュー・グッドメン」
終盤になってやっと、昔この作品を劇場まで見に行ったのはジャック・ニコルソンを
見るためだったんだという記憶が蘇ってきた。そんなことも忘れていたのに
今でも彼の決めセリフを暗記していた自分が怖かった。
デミ・ムーアが正視に耐えないほどの昔っぽさ。

・「ミッション・インポッシブル3」
はいはいハリウッドハリウッドすごいすごいねー。
ちょっと客をバカにしすぎちゃいないか、という強引さが
目に付くのだけど…
宙釣りは既にお家芸と化している。

・「ブロークバック・マウンテン」
リアルアッー!なんつーか、カウボーイって基本的にエロいですよね。
キャンプみたいな濃いい共同生活を送るうちにアッー!ってのも
分かる気はする。
初っ端からいきなり襲い受けだったのが驚きだった。

・SAW2、SAW3
かわうそさんは一緒に見てくれないので一人で鑑賞。たのしかったよ!
シリーズが進むにつれ、シグソウが零落していくのが見ていてつらい。
怪獣映画と同じでですね、彼もまたハッキリと画面に映ってしゃべって
露出が増えれば増えるほど恐ろしさがなくなっていく。
「弟子」がまたあまりにアホで、後継者としての器ゼロというのも
ジグソウの神秘性を大きく削いでると思った。

・NANA、NANA2
こんなのまで見てしまった。漫画は序盤のみ読了。
とにかく、中島美嘉の演技がなぁ…もともと原作の彼女の言葉使いが
リアリティないせいもあるけどさ。ビジュアルはすごくいいのに、残念。
しかし華奢だね!
そしてピストルズを敬愛するバンドの曲がそれですか?エーッ
ブラストもトラネスもライブシーンの声量が足りなーい。
ハチの彼を奪う美大の女の子、男から見たらかわいくて、でも
実は腹黒く計算高い女というものをよく表現できてるなと思ったら
ダルビッシュの奥さんでした。
NANAではレン=おさむB型の松田龍平でしたが、ギャラが高騰したのか
2では別の人でした。ハチはやっぱり宮崎あおいの方が可愛かったな。

・野田秀樹「BEE」
さすがに引き込まれる。この人って本当に人に目をそらさせない演技を
する人だと思う。野田を2時間じっくりと堪能できただけでよかった。
独特の台詞回しがなつかしくって、それだけで泣けてくる。
昔の、派手で大人数の野田の舞台しか知らなかったから
こんな少人数でやる芝居は新鮮。「言葉遊び」みたいな要素が
前より減ったかな?

・最後にWeird AL情報。
 CSI:マイアミで「White&Nerdy」の、「コールドケース」で「Headline News」の
 それぞれ元ネタになった曲がBGMとして流れていて、続けて見たんで
 大興奮した。どっちも元ネタ曲聴いたのはじめてだったんで…
[PR]
by sakanapo | 2007-11-22 22:56 | 映像・観劇

グリーン・マイル映画版

実は原作がとても好きすぎるのと尺の長さが気になって今まで未視聴。
WOWOWで放映してたのでいい機会と思ってTV前にお茶持って鎮座。
長かった。でも見てよかったよ。思ってたよりずっと原作に忠実でした。
ちょい泣けかけた。

・ビターバックがいい感じに坂本龍一に似ていたのが気になる。

・ドラクロワの髪型がいい感じにITっぽいのが気になる。

・トム・ハンクスって制服似合いすぎ。背筋の伸び方がいい。
 なんつーか、現場叩き上げの上役がはまるね。背広組じゃなく
 あくまで制服組がいい。

・トム・ハンクスとゲイリー・シニーズ(息子を犬に噛まれた弁護士役)が
 しゃべってるとどうしてもフォレスト・ガンプがダブる。
 役者の名前が思い出せなくてずっと「あ、エビの人、ダン中尉だ!」と思っていた。

・ドラクロワとジョン・コーフィの処刑前のお祈りシーンがどちらもカット
 されていたのが残念。2人とも彼らの生い立ちを感じさせる個性的な
 お祈り文句ですごく好きなシーンだったのにな。

・メリンダの罵詈雑言がとってもソフトなものになっていた。
 上品げな老婦人が病気のせいで口汚く・・・というのがよかったけど
 映画だから仕方ないかな。

・ほかにカットされてて残念だったのは
 ・老人介護施設のパーシー的職員
 ・ポールの妻の事故死エピソード

・逆に追加されていたエピソードは
 処刑前のJ・Cにせがまれて活動写真(フレッド・アステアの「トップ・ハット」だそうな)
 を見せてやり、その映画が老人介護施設のTVに映ってポールが席を立ってしまう
 という泣かせ話。

・ミスター・ジングルスの演技、ほとんどCGかと思いきや99%は実物の
 演技だと聞いてびっくり。マウスヴィル作れるね。
 ちなみに字幕で「フロリダにあるネズミ園」とか連呼されると
 どうしてもネズミーランドを連想して笑ってしまう。そうか、あれが
 マウスヴィルだったのか。入場料10cだったらどんなにいいか…!

・ラストの台詞は原作通りだし、J・Cはほんとに巨大でお目々うるうるだし、
 ドラクロワがミスター・ジングルスの芸を披露する時のフランス語の
 口上も聞けたし、パーシーがお漏らししちゃう場面で「ウェットモア」がらみの
 ジョークもやってくれたんで、マニアックな観点でも大満足でした。
 ブライアー・リッジ精神病院にパーシーが行った(転属ではなく入院)
 ことに関してはもっと強調してもいいんじゃないかと思ったけど(笑
[PR]
by sakanapo | 2007-11-18 21:25 | 映像・観劇
筋立ては意外に複雑。
一言で言えば「いろんな人がデッドマンズ・チェストをめぐって
取り合いしてる」でおk?東インド会社とか。
実は1を見ていないのでデイヴィ・ジョーンズとの契約で
ブラックパール号を手に入れたいきさつがよく分からず。
(1で描かれているのかどうかも知りませんが)
水車の上?中?での戦闘や、串刺し状態のジャックが
高所から落ちていくあたりのジョークの連発のあたり、
クオリティ高いエンターテインメントでした。

ジャック・スパロウ船長役のジョニー・デップは本当にはまり役。
好演というより怪演。
あのアイシャドウと時代がかったコスチュームでけれん味たっぷりの
ノリノリ演技というのが、隻眼ではないのにコッペパーンの勘助を
彷彿とさせます。
映画の成功は彼の魅力につきるのではないかと思いますが、
個人的に楽しめたのは海事用語。

All handsとかMooring lineとか盛りだくさんでした。
さすがにChief Officerとかは出てこなかったが(と思う)。
そしてウケたのが冒頭でウィルとエリザベスがスパロウを呼び捨てに
する提督?に向かって"Captain! Captain Jack Spparow!"と
怒りをあらわにするシーン。
これ、今でも変わりませんね。Captainに対する尊敬、誇りって
海事関係者の間では本当にすごい。
船長経験者にSir,と呼びかけたり宛名にMr.とつけるとマジで怒られます。
業界では、たとえ引退して陸に上がっていても船長さんは
Capt.と呼ばねばなりません!部長だろうが役員だろうがお構いなし。
Dr.みたいなもんです。

この観点で1と3もちゃんと見てみたいものです。
[PR]
by sakanapo | 2007-10-03 12:49 | 映像・観劇
9/22~24にかけて、キングの短編集から8作品を映像化した
「スティーヴン・キング8つの悪夢」がオンエア。

・バトルグラウンド
スティーヴン・キング研究序説さんの記事によればエミー賞を受賞した
作品だそうです。なんと台詞一切なし(フゥーハハハーみたいな息使いはある)。
おめーら映像に集中して見ろや!という作り手の無言の主張を感じなくもない。
ジョジョの奇妙な冒険に出てくるミニチュア軍隊型スタンド「バッドカンパニー」
の元ネタということで漫画オタにも有名な作品。最近では男性用モテモテスプレー
AXEのCMも似たような感じのネタを扱っていた。
エミー賞を受賞するだけあって視覚効果はクオリティ高し。
しっかり作りこんで映像化するとシュールさがさらに際立つなぁ。
ラストの水爆でやっぱり苦笑。

・クラウチ・エンド
だいたい道に迷った時は男サイドの頑固さが事態を悪化させる、というのが
キング作品の王道。クトゥルフものをやろうとするとやっぱイギリスが舞台?
新婚夫婦の奥さんドリス役の女優さんがめちゃくちゃキレイ。
ラヴクラフト全集は高校時代に読破していたのでニヤニヤしつつ見る。
でもクトゥルフ知らなきゃ「るるいえ」「よぐ=そとーす」なんて字面見ても
ピンとこないだろうし、「霧」と大差ない印象なのではないかと。
映画化された「霧」に出てくる触手がこんなんだったらちょっと泣いちゃうけど。

・アムニー最後の事件
うぉ、このウィリアム・H・メイシーという俳優、キングに結構似てるなぁ。
キングお得意の作家モノだけど、作家v.s.登場人物というメタもの。
冒頭で語られる1930年代、LAで活躍するアムニーの活躍は
まさに我々が思い描く古きよきアメリカのハードボイルド私立探偵!
(女好き&ご都合主義な展開がまた実にいい。)
映像は凝ってて本当に素晴らしいのだけど、なんつーか、徹底的に
アムニー主観で描いた方が面白いんじゃないかなぁと。
前半が面白いだけに、スッキリしない後味。

・争いが終るとき
ファイ・ベータ・カッパって超成績優秀でないと入れない学生組織だったっけ。
父母ともに優秀で息子2人も優秀だけど、弟は飛びぬけた天才。
人々の争いを止めさせる研究に没頭する彼はそれに成功するが…
人間から闘争心をなくしたら痴呆症になっちゃった、というブラックなオチ。
原作では兄が文書で語る一部始終は、ドキュメンタリー映像監督の兄が
ビデオの前で自ら語る映像に変更されてた。なるほど。
原作は悲惨なコメディという印象だったけど、映像にすると笑えなさ杉。
字幕もちゃんと知能が低下した様子を表現して欲しかったな。

・ロード・ウィルスは北に向かう
トム・ベレンジャーが小説家キンネル役。原作読んでてどんな絵だかさっぱり見当が
つかなかったんで、映像で見られたのは嬉しい。ただ、作り方はなんだか色々と
紛らわしい。健康に不安を抱えるキンネルの病魔に対する恐怖と「変化する絵」の
恐怖を重ね合わせるのかと思ったらそうではないというし、殺人鬼の金髪の人物も
一番ラストで女?のように見えてまさかサリー?(ドラマオリジナルのキャラで
キンネルが親しくしてる女性)と思ってしまったり。
この中ではたぶん一番普通のホラードラマで、カメラアングルもホラーっぽいし
かなり怖いのは事実。
おまけ:キンネルが自宅の階段を転げ落ちるシーンでつまずいた本はキングの著作。
作品名は確認できないけど2冊ありました。

・解剖室4
 おお、オチが原作とかなり変わってる。確かに映像化するならこっちの方がいいのかも。
 しかしよくもまぁ、寸止めの連続で1時間弱もたせたなぁ。

・いかしたバンドのいる街で
 ジャニス・ジョプリンとエルヴィスとフレディくらいしか顔を見て分かる人が
 いないだよー。

・第五の男
最終的には「第六の女」となるオチ。もしくはThe Sixth Quarterか。
最後まで顔の見えないジャガーがラスボスと思いきや、意外とあっさり勝利。
Deadman's Chestという台詞も出てきたけど、ラストに出てきたのは
もろカリブの海賊なアトラクションだったっすね。
バーニーとウィリーはアッー!だったのかどうかだけが気になります。

それにあわせて映画もいくつかを放映。

・炎の少女チャーリー
・ミザリー
 キャシー・ベイツこええええええええ。それに尽きる。

・クリスティーン
・デスぺレーション
[PR]
by sakanapo | 2007-09-24 02:03 | スティーヴン・キング

キサラギ

評判いいらしいということで近所のシネコンで見てきました。

ストーリー:
ビルの一室に互いに面識のない五人の男たち(家元、オダ・ユージ、スネーク、安男、イチゴ娘)が集まってくる。この日は、自殺したアイドル、如月ミキの一周忌で、彼らはファンサイトを通じて知り合ったのだ。如月はあまり人気のないD級アイドルで、一年前にマネージャーの留守番電話に「やっぱり駄目みたい」などというメッセージを残し、自宅マンションに油を撒いて火をつけ、焼身自殺していた。自殺の動機は仕事の悩みなどと新聞では報じられたが…(Wikipedia)

基本シチュエーションは「12人の怒れる男(優しい日本人)」。
ただし登場人物は基本的に5名のみ、とかなりこじんまりしてます。

第一エンディングに至る道筋はかなり分かりやすく、手がかりもきちんと
提示されているので予想がつく人が多いのでは。
(「命より大事」も分かったけど、唯一「地震」の手がかりは気づかなかった!)

なのでここは家元あたりが真犯人で、というどんでん返しを期待してたんですが、
なんだか中途半端な第二エンディングしかなくて、これなら第一エンディングで
終わってくれてよかったのになーという印象でした。


・オダ・ユージ役をユースケ・サンタマリアにやらせるのは反則な気が!

・香川照之、カピ信のいとこ?だったかな、親類らしいのですが
 なんとなく面差しが似てるなぁと感じるシーンがたまにありました。
 ラストのラッキィ池田ダンス頑張ってましたね!

・小栗旬て背が高いだけのシャクレじゃん、と思ってたけどなかなか良かった!
 小出なんとかは一本調子でうざったい(これは脚本によるところも大きいが)
 のに対して演技に幅があって飽きさせなかった。
 塚地もすっかり俳優ゾーンに足を踏み入れてますね。
 そこそこ演技の下地ができてて見た目にインパクトのある人物って
 使いやすいんだろうなぁ。
[PR]
by sakanapo | 2007-09-09 00:31 | 映像・観劇