記憶の宮殿なんて脳内に持てないから、外部に記憶。


by sakanapo

タグ:梨木香歩 ( 2 ) タグの人気記事

ふきみそ

早速、ふきみそ作りました。

使用前
f0041673_1321138.jpg


ところで、梨木さんの本で「ふきのとうには雌雄があって形が違う」というような
ことを読みましたが、うちに生えているのは全部同じ形のような・・・

「小菊の寄り集まったようなのが雄花、黄緑の蕾の集まったようなのが雌花」
だということですが、私の目には全部「小菊の蕾が集まったようなの」に
見えるんですが・・・涙
生える時期にズレがあったりするんでしょうか?

そして

使用後
f0041673_13251724.jpg


切り刻むだけでふきのとうが一気に茶色に変色し、アクの強さを感じさせます。
と同時に漂う香り!
今回は八丁味噌と白味噌5:5で作りましたが、ちょっと八丁味噌の香りが
強すぎたかな。今度は1:3くらいでやってみようかしらん。

といっても、もう日陰のふきのとうもかなり開いてきちゃってるので
次の機会は来年になりそうです。

焼きおにぎりにして食べたいなー。

<今回のレシピ>
味噌大さじ4、酒大さじ3、砂糖大さじ3.5

・ふきのとうを細かく刻んで30分ほど水につけ、アク抜き。
・油でふきのとうを炒め、緑が濃くなったら他の材料を投入。
 水気をとばしてできあがり
[PR]
by sakanapo | 2007-02-23 13:28 | レシピ

梨木香歩 2篇

からくりからくさ
梨木 香歩 / / 新潮社
ISBN : 4101253331




織物、染物、能面、植物などあれこれを語る梨木節は相変わらず
炸裂していてコレだよコレ、という部分はもちろんありますが
このお話は結構色々と生々しい感情が溢れていてちょっと怖い。
女4人の共同生活でそこを省いて書けるわけもないだろうけど、
ちょっとさわやかさには欠けるかな。
キングばりに最後はドカーンでびっくり。
そして、解説の最後に池澤夏樹の言葉が唐突に引用されているのに苦笑。
まぁ、いかにも彼が言いそうなことだけれど。

家守綺譚
梨木 香歩 / / 新潮社
ISBN : 4101253374




先日の新聞でこれに出てくる「セツブンソウ」の写真を初めて目にした。

うちも今たまたま、広い庭のある、戦前に建てられたんでは
なかろうかと思うくらい古い家に住んでるのでちょっと親近感がある
お話でした。惚れてくれるサルスベリも河童もいないけれど、
植物の季節ごとの移り変わりや、鳥や猫などの訪問者を
目にするのはやはり何とはなしに嬉しいものです。

今ちょうどふきのとうも庭のあちこちで顔を出しているので
天ぷらだけじゃなくてふきみそも作ろう!と決意を新たにしました。
[PR]
by sakanapo | 2007-02-22 11:06 | 読書日記